知っておかないといけない!火災においての消臭に必要な資格とは

火災が起こってしまった後は必ず煤(すす)などの臭いが経ちこもってしまいます。

(たったこれだけのボヤで外まで臭います)

そこで消臭作業へ伺う業者はやはり臭いのプロである「特殊清掃業者」です。

みなさまは特殊清掃といえば、孤立死(孤独死、自殺)を思い浮かべませんか?

もちろん、そのような案件もさせていただきますが、火災などによる臭い問題も

例外ではございません。

しかし一丸に特殊清掃業者といえど資格の有無が必須となります。

(平成31年度から完全に法律上なりました。の方が正しいです)

それは解体業です。

しかし解体屋さんが特殊清掃をできるわけもなく、非常にお客様も特殊清掃業者

を探すのに困難されています。

また、資格のない業者をお客様に紹介するなんてもってのほかです。

さて、話は戻り火災現状復旧作業での煤除去、煤掃除などは内装解体をすることも

もちろん写真のようにあります。

写真では床を解体していますよね。

孤立死(孤独死)、ペット臭など、特殊清掃のほとんどに解体は付き物です。

従って

解体工事業許可

この様な許認可が必要となりました。

これは岡山だけではなく全国的に同じです。

これは法律ですのでお気をつけください。

 

 

 

お客様の声

0120-293-556

メールでの無料お見積り

遺品整理のラスティック
TEL 0120-293-556メールでのお見積りこのページのトップへ

ラスティックのサービス

ラスティックの作業について

ラスティックについて

遺品供養カルチャー協会
日本除菌脱臭サービス協会
日本除菌脱臭サービス協会 遺品供養士
株式会社カイコーポレーション