えっ!?この時期にこの大きさ・・・?

昨日、和気町役場からラスティックを聞いたとのことで、「蜂の巣駆除」のご依頼を頂きました。

本当のご近所様で小さな頃からお世話になっているお宅です。

伺ってみると・・・

この時期にこの大きさっ?

大きさにしてバスケットボールをふたまわり大きくしたくらいです。

今年は蜂の巣駆除のご依頼が後を絶ちません。

そしてそのほとんどが「スズメバチ」なんですよね。

温暖化の影響で虫の成長もくるい出しているのでしょうか。

駆除は涼しくなってからが好ましいため19時くらいからの作業となりました。

蜂を弱らせ巣を少しめくると

やはり、何層もの大きな巣です。

7月の頭でおよそ数百匹もの巣を作るとはさすが和気町です。

山に囲まれ大自然のため、幼虫にも豊富な餌を与えられ、巣にする木の葉も大量にあります。

そして駆除後

しっかりと薬剤を塗り、作業は終了です。

もちろん、すべての蜂が帰ってきているわけではないので数日は気をつけるように話をし、班長さんにも、
近隣の方へのご配慮をお願いの上撤収いたしました。

蜂は一週間も放っておくとビックリするほどに巣を大きくしてしまいます。

また、小さいからといって駆除をしていると刺されて「アナフィラキシーショック」で死に至ることも。

弊社は特殊清掃のスペシャリストだからこのような作業もできますが、一般の方がホームセンターの
殺虫剤で駆除をしようとすせば、逆に興奮させて刺されるだけでしょう。

蜂も人間と同じで、体が弱ければそのような殺虫剤でも駆除は可能と考えられますが、
お勧めはまずできません。

どのような小さな蜂の巣でも見つければすぐに業者へご依頼されるのが正しい判断だと考えられます。

駆除の代金は刺されない保険金と考えてみてもいいのではないかな、と思います。

最近、よく被害に遭うと聞いている地域

和気町、赤磐市、瀬戸内市、岡山市(東区)、美作市、備前市

は特によく耳にしている地域です。

要注意なさってください!!

※事務所近辺の地域※

お客様の声

0120-293-556

遺品整理・特殊清掃ローン

メールでの無料お見積り

遺品整理のラスティック
TEL 0120-293-556メールでのお見積りこのページのトップへ
新型コロナウイルス(COVID-19)消毒・除染

ラスティックのサービス

ラスティックの作業について

ラスティックについて

遺品供養カルチャー協会
遺品供養士
日本特殊清掃隊
日本除菌脱臭サービス協会
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション
オゾンショックトリートメント法
プロバイオティクス工法
文部科学省
環境省
農林水産省
警察庁
文化庁
法務省
国交省

ラスティックでは、オゾンショックトリートメント法®、プロバイオティクス工法®などを活用し様々な現場での消臭を行っています。どのような臭い問題もお気軽にご相談ください。