実は大家さんも孤独死のお部屋を対応をしなければならないことがあるのをご存知ですか。

2021年10月27日

年々増加する孤独死清掃の実態

昨今の日本の年齢分布は、皆様がご存知の通りご高齢の方が多く65歳以上の方が29.1%(2021年9月15日現在)と約3割となっています。総務省統計局のデータを参照しています。https://www.stat.go.jp/data/topics/topi1291.html

このような背景から生まれてくる社会現象が独居老人の孤独死です。

核家族化が進む事で親子が別々になり、複数世帯が1つの家で暮らす事が少なっていく中で社会では高齢化も進んでいきます。

そうしていく事でご高齢者が独りで暮らすお家が増えて来ていますが、残念な事にその住まわれているお家が「終の住処」となってしまう事が多くなって来てしまったのです。

孤独死された方のご遺族が相続を放棄したら、大家さん又は管理会社さんが対応しなければならない。

悲しくも孤独死(孤立死)をされてしまわれた後、ご遺品がそのお部屋に残りますがその整理を任されるのが

まずご遺族の方になります。

しかし、様々な事情からそのご遺品の相続を放棄されるケースも少なくはありません。

その場合、対応をしなければならないのは建物の大家さん、又は管理会社さんとなります。

また、孤独死(孤立死)で発見が遅れた場合、ご遺体は腐敗が進み、ご近隣にお住まいの方から害虫や悪臭の発生で苦情を訴えられる事も多く、早急な特殊清掃が必要となります。

その時、ご遺体から出た腐敗臭は家財や布、紙類にその臭いが移っていますので、加えて遺品整理も必要となります。

㈱ラスティックでは24時間対応しております。

㈱ラスティックでは夜間も対応しており、お客様の事情やご都合に合わせて作業させていただきます。また、土日祝日での追加費用はございません。お気軽にご相談下さい。創業以来7,000件以上の実績を誇る㈱ラスティックが柔軟に対応させていただきます。

施工担当 山本圭胤

お客様の声

0120-293-556

遺品整理・特殊清掃ローン

メールでの無料お見積り

LINEで相談

ZOOMで相談

遺品整理のラスティック
TEL 0120-293-556メールでのお見積りこのページのトップへ
新型コロナウイルス(COVID-19)消毒・除染

ラスティックのサービス

ラスティックの作業について

ラスティックについて

遺品供養カルチャー協会
遺品供養士
日本特殊清掃隊
日本除菌脱臭サービス協会
遺品整理総合相談窓口協同組合
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション
オゾンショックトリートメント法
プロバイオティクス工法
文部科学省
環境省
農林水産省
警察庁
文化庁
法務省
国交省

ラスティックでは、オゾンショックトリートメント法®、プロバイオティクス工法®などを活用し様々な現場での消臭を行っています。どのような臭い問題もお気軽にご相談ください。