大家さんからの依頼の特殊清掃

2016年8月12日

先日、不動産を通して大家さんから一本の電話が
ありました。
「アパートの自殺現場なのですが、他社が施工後
1週間、施工された場所とは違う場所から
腐敗臭と蛆虫が出て困っています」と。

現場に行ってみるとこの時期、確かに凄いです。
最近ではやり方を知らず遺品整理、遺品供養、特殊清掃
等に手を出している業者が後を絶たない始末。

依頼者様はホームページを見てできると載してあれば
どこもやり方は同じなので後は値段の安い方がいい!

と思われる方が当たり前かもしれません。

しかし、プロの視点からすればどうなっているでしょうか。

特に特殊清掃はその時は薬剤の臭いで騙されて
いるかもしれません。

それは、芳香剤をたくさん置いているのと
なんら変わりはありません。

解りやすく言えば消臭消毒、しかしかなりの
奥の深さがあります。

よく、特殊清掃の流れを聴き、どの様に適切な
対処をされるかを聴いてから依頼しましょう。

弊社は、特殊清掃においては岡山県のみならず、
中四国から福岡、長崎、大分まで依頼を受けて
います。

それだけ特殊清掃というのは難しい物となります。

業者選びには防御体制も必要ですね。

20160726_133131

お客様の声

0120-293-556

遺品整理・特殊清掃ローン

メールでの無料お見積り

遺品整理のラスティック
TEL 0120-293-556メールでのお見積りこのページのトップへ
新型コロナウイルス(COVID-19)消毒・除染

ラスティックのサービス

ラスティックの作業について

ラスティックについて

遺品供養カルチャー協会
遺品供養士
日本特殊清掃隊
日本除菌脱臭サービス協会
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション
オゾンショックトリートメント法
プロバイオティクス工法
文部科学省
環境省
農林水産省
警察庁
文化庁
法務省
国交省

ラスティックでは、オゾンショックトリートメント法®、プロバイオティクス工法®などを活用し様々な現場での消臭を行っています。どのような臭い問題もお気軽にご相談ください。