忙しい時期だからこその社員教育の再徹底!!

季節もだんだんと夏色になり遺品整理(等)も繁忙期を迎えています。

忙しい時期だからこそ手を抜きがちなのが人間の心理です。

ラスティックでは、こういった時期は特に目を光らせ人間力を

高めて現場へ挑んでいます!!

また、忙しい中に付き物なのが怪我です。

しっかりと体を休めることも仕事の一つ!

怠けているわけではなく、質の高い仕事を

するためには休みも必要です。

人間はロボットではありません。

そしてロボットにはできないのが人の心と向き合う

我々の生業です。

遺品整理には供養の知識はもちろん、グリーフケアが

必要となります。

その上で、リサイクル品などを探し出せる目力を養う。

また、「100人100通りの遺品整理」の実施!!

故人様の歴史を大切にした遺品供養!!

供養

小さな事をおろそかにすれば葬送儀礼として成り立ちません。

しっかりとスタッフ一同が志を一つにし、遺品整理、特殊清掃に励みます!

まだまだ夏本番はこれからです。

気を引き締めて参ります。

 

高額なのにゴミ屋敷を片付けなければいけない理由とは!?

岡山県でもゴミ屋敷は本当に多くあります。

そして、物量が非常に多い為金額(処分費)が高くなってしまいます。

しかし、ゴミ屋敷化した家を片付けられる方は今大変多くいらっしゃいます。

それはなぜか。

現代ではメディアやSNSなどで様々な情報が得られる為「ゴミ屋敷の怖さ」を

知ることができるからです。

主にゴミ屋敷化してしまう方はある病気にかかっている方が大半です。

その病気とは「セルフネグレクト」です。

簡単に言えば一種の精神病です。

ゴミを捨てるのも億劫になる、ご飯を作るのも億劫になる。

周囲の方と距離を取り出す。

段階や症状の重さにもおりますがこれがどういった結末になっていくのか。

名前の通りゴミ屋敷とは「ゴミの中で日常を過ごす」ことです。

ゴミの中にはもちろん目には見えない程小さな害虫やウィルスが家中に飛び回っています。

それを毎日吸っているということは肺や呼吸器間が破壊され死に至るケースがほとんどです。

また、自炊できずコンビニ弁当ばかりになる方も多くいますが、決してコンビニ弁当やジュース

などは体にいいものではなくこれもまた体を害する物となります。

従って、体の中からも外からも蝕まれていく家と化しているのです。

普段慣れ親しんでいるためそれが「普通」と錯覚しがちですが「ゴミ屋敷は孤立死(孤独死)の合図

というように、ラスティックが伺ってきたゴミ屋敷の約7割程度は孤立死(孤独死)をされている、

もしくは自殺をされているお宅です。

家はその人の精神状態を写すと言われていますが、その通りで早く助けてほしいといった合図を

出しています。

ゴミ屋敷の片付けでは中々リサイクル品として扱える物(ウィルス付着の為)も普通の会社では難しいと考えられますが、ラスティックでは「特殊清掃」のプロである為、きちんと掃除をしてリサイクル品に戻し出すことも

可能となります。

また、ゴミを片付けた後の特殊清掃も承っておりますのでウィルスの殺菌も可能となります。

本当に高額になってしまうお宅もありますが、まずは「心の整理」と考えゴミを片付け、その後に

特殊清掃を考えられても良いかもしれません。

命に繋がることなのでゴミ屋敷は片付けだけではなく知識がある業者、特殊清掃が本当にできる

業者を探しましょう。

大切なご家族を守るためにも今一度・・・。

※残念ながらゴミに埋もれて孤独死をされていました※合掌

どのような大量のゴミも受け入れ可能です。

他社で断られた案件もお任せください。

追伸

火災」子供などの怪我」「雑木林化」「害虫、害獣発生問題

などにも繋がり大変クレームが増加しています。

 

遺品整理のラスティック
TEL 0120-293-556メールでのお見積りこのページのトップへ
新型コロナウイルス(COVID-19)消毒・除染

ラスティックのサービス

ラスティックの作業について

ラスティックについて

遺品供養カルチャー協会
遺品供養士
日本特殊清掃隊
日本除菌脱臭サービス協会
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション
オゾンショックトリートメント法
プロバイオティクス工法
文部科学省
環境省
農林水産省
警察庁
文化庁
法務省
国交省

ラスティックでは、オゾンショックトリートメント法®、プロバイオティクス工法®などを活用し様々な現場での消臭を行っています。どのような臭い問題もお気軽にご相談ください。