年末の火災で室内が真っ黒に

2021年12月24日

火事の煤清掃はどこに頼めばいいのか

今回の現場は御殿場市のビルの1階でした。お客様は仕事もできないので大変お困りの様子でした。中に入りますと間仕切りされた室内の天井部が、真っ黒く焦げていました。現場は焦げ臭い独特な苦い臭気が充満していました。お客様からのご依頼は、間仕切りされた部分の解体撤去と煤の清掃、消臭作業をお願いされました。

施工前の火災現場状況

現場の火元は片付けられていましたが、天井、壁は煤で汚れて、真っ黒くなっていました。

天井、壁の解体作業

解体作業は、まず天井のプラスターボードを外して、次に壁のプラスターボードも外した後に、天井部分の軽量鉄骨、木の下地、壁の胴縁を気を付けながら、順番に解体していきます。火災の産業廃棄物は特別管理廃棄物になりますので処理場も限定されますので、種類ごとに分別作業をしまして処分致します。

解体後の煤除去作業

煤の粒子径は非常に細かくて15~400ナノメーターの細かさで、燃えた物質ごとに細かさは違いますが、不完全燃焼することでダイオキシンの成分も発生することもありますので、体への健康被害を防ぐためにも煤清掃はとても大切な作業になります。弊社では専用の煤薬剤を使用しまして、丁寧に煤除去作業を施工しています。

仕上げにコーティング処理を施工して煤を完全に封じ込めます

煤清掃した後に、下地と取り切れない煤を固める特殊専用プライマーを塗布して固めた後に、仕上げのコーティング剤処理をすることで、煤の臭気も封じ込めることができます。

OST法によるオゾン燻蒸

最後に人がいない状況になりましたら、タイガー消臭機を使用しオゾンショックトリートメント法によるオゾン燻蒸を施工する事で煤の臭気とダイオキシンの分解をすることができます。コーティング処理の状態で臭気は感じられませんでしたが、オゾンの高濃度の酸化力による臭気とダイオキシンの分解作業は健康被害を防ぐためには大変重要になります。オゾン燻蒸の後に換気致しましたら施工完了です。

火事でお困りのかたは、ラスティックまでお気軽に御連絡ください。

関東・神奈川県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・関西・大阪市・兵庫県・岡山県・広島県・山口県・四国・九州・東北・全国対応いたしますので株式会社ラスティックまでよろしくお願いいたします。

担当者 渡邊見一

お客様の声

0120-293-556

遺品整理・特殊清掃ローン

メールでの無料お見積り

LINEで相談

ZOOMで相談

遺品整理のラスティック
TEL 0120-293-556メールでのお見積りこのページのトップへ
新型コロナウイルス(COVID-19)消毒・除染

ラスティックのサービス

ラスティックの作業について

ラスティックについて

遺品供養カルチャー協会
遺品供養士
日本特殊清掃隊
日本除菌脱臭サービス協会
遺品整理総合相談窓口協同組合
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション
オゾンショックトリートメント法
プロバイオティクス工法
地方創生SDGs・地方創生SDGs官民連携プラットフォーム
文部科学省
環境省
農林水産省
警察庁
文化庁
法務省
国交省

ラスティックでは、オゾンショックトリートメント法®、プロバイオティクス工法®などを活用し様々な現場での消臭を行っています。どのような臭い問題もお気軽にご相談ください。