犬の臭いで大家さんから苦情が

2022年1月12日

現場は犬の悪臭が漂っていました

今回の現場は沼津市のマンションでした。依頼者様に事情をお伺いしたところ、大家さんからは犬の臭いの消臭、傷んだ床、壁、キッチンのリフォーム工事、天井のクロス張替え、風呂場、トイレの清掃、ほぼすべてを綺麗にしないと次の人が入れられませんとの事で弊社にご依頼されました。

施工前の現場状況

室内は犬の臭気がとても強く、床板も傷んでいて、建具も下の方が犬の尿により傷んで所々腐っていました。

完全消臭の為の解体作業

壁は120cmくらいの高さまで尿や臭気が強く解体撤去する事にしました。床板は全部撤去して、さらにその下のクッション材とボンドもできる限り撤去致しました。※ここまで解体するするのは、奥まで染み込んでしまった臭気は表面的に清掃, 消臭しても、臭気は消えた後に原因が残っていればまた臭気が強くなってしまうからです。現場ではお客様と大家さんと相談しながら仕上げまでの予算を見積計算して、打ち合わせした後に施工しています。

室内の塩素剤の噴霧作業

犬や猫の尿はph4.5~ph7の間です。通常時は約ph6,5なのですが食後はアルカリ性が強くなることや、運動時や睡眠時にはさらに酸性が強くなるためh4,5~ph7という風に幅を持った数字となります。そのため単純にアルカリ性で中和させるだけでは消臭することはできません。最初に塩素消毒を行い酸性の成分を中和させます。

フェロモン分解作業

塩素消毒をした後にスチーマーを使用しまして、犬のフェロモンの臭気を熱により持ち上げて臭気を分解いたします。施工中は物凄い臭気が立ち上ります。換気を並行して行うことで臭気は下がっていきます。

清掃作業も重要です

臭気作業では清掃作業もとても重要です。犬の行動がわからないので、糞や尿、犬の毛が付着していれば臭気作業を行っても臭いがわいてきますので、細かい所も丁寧に清掃作業することはとても大切です。

OST法によるオゾン燻蒸

OST法によるオゾン燻蒸を行い高濃度の酸化力によって犬の臭気と反応させて分解します。換気、オゾン燻蒸、点検をしながら臭気を下げていきます。臭いの原因があれば臭気は無くなりません。

臭気が無くなった後に仕上げのBe-2噴霧

オゾン燻蒸後の無菌状態にBe-2を噴霧する事により、善玉菌が定着して室内をクリーンな状態で持続的に整えます。

施工完了

室内の空気も爽やかな空気に代わりました。消臭作業はこれで完了致しました。この後はリフォーム工事を行えば次の入居者の方も気持ちよく入ることが可能となりました。お客様と大家さんと立会しまして消臭作業の納品が完了致しました。

関東、東京、神奈川県、横浜市、静岡県、愛知県、三重県、京都府、大阪市、関西、兵庫県、岡山県、山口県、広島県、九州、四国、全国対応いたします。

ペット消臭作業のご依頼はお気軽にラスティックまでご連絡ください。

担当者 渡邊見一

お客様の声

0120-293-556

遺品整理・特殊清掃ローン

メールでの無料お見積り

LINEで相談

ZOOMで相談

遺品整理のラスティック
TEL 0120-293-556メールでのお見積りこのページのトップへ
新型コロナウイルス(COVID-19)消毒・除染

ラスティックのサービス

ラスティックの作業について

ラスティックについて

遺品供養カルチャー協会
遺品供養士
日本特殊清掃隊
日本除菌脱臭サービス協会
遺品整理総合相談窓口協同組合
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション
オゾンショックトリートメント法
プロバイオティクス工法
地方創生SDGs・地方創生SDGs官民連携プラットフォーム
文部科学省
環境省
農林水産省
警察庁
文化庁
法務省
国交省

ラスティックでは、オゾンショックトリートメント法®、プロバイオティクス工法®などを活用し様々な現場での消臭を行っています。どのような臭い問題もお気軽にご相談ください。