愛されてきた子達のSOS

2021年7月7日

岡山に残された「声」に耳を傾けて!

孤独死をされた故人様が残された中のお一つに生前愛情を注がれていた犬や猫達がいます。

残されたペット達は「人」と違って「喋る」ことはできません。ましてや電話を掛けて救助を呼ぶことも不可能です。

だからこそ精一杯声を出して吠えます。

大切な人を助けてほしい、見つけてほしいからこそ声を出して吠え続けます。

その声は「鳴き声」であり「泣き声」、あるいは故人様の代弁者かもしれません。

「体」を「声」にも変える

時には声を出すことのできない犬や猫達もいます。

しかし声が出せなくともその体を一生懸命使って状況を伝えようとします。

目で訴えてきたり、駆け寄ってきてはバッグなどの紐を噛んで連れていこうとしたり、駆けては振り向きを繰り返してあらゆる方法で訴えかけてきます。

それは声の出せないペット達からのメッセージです

非日常へ・・・

「声」を出すにしても「体」を使うにしても意味もなく行動する犬や猫達はいません。

お腹が空いた、遊んでほしい、イライラする、褒めてほしい、警戒している等必ず理由が生まれます。

なぜ最近隣の家の犬はずっと吠えているのだろう?

・なぜ最近こっちを見続けているのだろう?

・ご近所の猫がよく自宅に来るようになった

といった今までと違う光景を目にしたらそれは彼らの日常が非日常に変わった合図です。

まとめ

「犬だから吠えるのは当たり前」

「猫は気まぐれだからそういう時もある」

そう考えてしまう人が多く、手遅れになって犬や猫達まで亡くなってしまう事もあります。

だからこそいつもと違う行動をしている犬や猫達を見つけたら保護団体や警察にご相談などをお願い致します。

そこに助けを求めている人や故人様がいらっしゃるかもしれません。

大切にされていた故人様の為に、なにより愛情を注いでもらった犬や猫達の為にもその「声」に気づいてあげてください。

それが故人様や犬や猫達を「救う」ことに繋がります。

                                          株式会社ラスティック

                                            施工部:小阪智則

お客様の声

0120-293-556

遺品整理・特殊清掃ローン

メールでの無料お見積り

LINEで相談

ZOOMで相談

遺品整理のラスティック
TEL 0120-293-556メールでのお見積りこのページのトップへ
新型コロナウイルス(COVID-19)消毒・除染

ラスティックのサービス

ラスティックの作業について

ラスティックについて

遺品供養カルチャー協会
遺品供養士
日本特殊清掃隊
日本除菌脱臭サービス協会
遺品整理総合相談窓口協同組合
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション
オゾンショックトリートメント法
プロバイオティクス工法
文部科学省
環境省
農林水産省
警察庁
文化庁
法務省
国交省

ラスティックでは、オゾンショックトリートメント法®、プロバイオティクス工法®などを活用し様々な現場での消臭を行っています。どのような臭い問題もお気軽にご相談ください。