孤独死の腐乱臭 対処方法は!?

岡山でも孤立死(孤独死)は多く、またこれから猛暑となり残念な事に孤独死は年々増加傾向

にあります。

孤独死年間約3万人(4万人に近くなっている)、自殺者約3万人となります。

その為、特殊清掃での消臭は夏ともなれば非常に多い案件ともなり

腐乱臭の消臭、脱臭のご依頼は後を絶ちません。

一般の方からはもちろん、ラスティックには様々な企業様からのご依頼も

非常に多くあります。

(現地供養の写真です)

これからの時期は死後2日〜3日で内臓が腐敗してしまう為、腐敗臭、腐乱臭が

酷くなり、ご遺族様が鼻にすると中には発狂される方もいる位です。

孤独死で多い年齢は30代〜60代が多くその中でも最も多いのが60代後半です。

その為中には我が子がお亡くなりになられご依頼主が親という事も少なくはありません。

 

しかし、一度部屋へ入って中を見たいが腐乱臭を鼻にしたくはない、腐乱臭がきつくて部屋へ入れない!

との事で少しでも臭いを軽減してほしいといったご依頼から、なごみパック「75300円」(税別)を使い

その後に特殊清掃(消臭・脱臭)を行う方が非常に多く増えています。

現在、特殊清掃の専門業者は岡山県内ではラスティック1社の為、お問い合わせも

非常に多くあります。

他社様では、機材、薬剤が充実していない。(持っていない)

会社が9割です。

オゾン脱臭機を持っていない、薬剤が豊富でない、どの様に臭いを消せば良いか

わからない。

吐血、嘔吐、脱糞などの消毒方法がわからない。

施工法なども様々な業者様(特に特殊清掃業社)に聞かれる事がありますが

コア(肝心)なところは企業秘密の為ラスティックのスタッフしか知りません。

その為、他社からもご依頼を頂く事が多くあります。

また、他社が入った後のやり直し作業も多くあります。

・・・という事は業者へお客様が2度払い、3度払いとなってしまうという事です。

まだまだ新しい消臭業者。

施工方法を知らない業者が、施工方法を知っているかのようにお客様に近づき、

施工後に後悔する。

このような現状を多く見てきました。

特殊清掃は、実践、経験値で大きく消臭技術が変わってきます。

会社の大小より、どのような現場をどのくらい経験してきたか。

また、どのような失敗をしてきたかを聞くのも面白いと思います。

失敗は進化への一つの道程」経験です。

同じ失敗をしないのがプロです。

見積もりの際にしっかりとどの業者が良いか見極めてください。

孤独死された部屋で臭気測定をしています。

これをすれば、目に見えない臭いも数字で見えるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

お客様の声

0120-293-556

遺品整理・特殊清掃ローン

メールでの無料お見積り

遺品整理のラスティック
TEL 0120-293-556メールでのお見積りこのページのトップへ
新型コロナウイルス(COVID-19)消毒・除染

ラスティックのサービス

ラスティックの作業について

ラスティックについて

遺品供養カルチャー協会
遺品供養士
日本特殊清掃隊
日本除菌脱臭サービス協会
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション
オゾンショックトリートメント法
プロバイオティクス工法
文部科学省
環境省
農林水産省
警察庁
文化庁
法務省
国交省

ラスティックでは、オゾンショックトリートメント法®、プロバイオティクス工法®などを活用し様々な現場での消臭を行っています。どのような臭い問題もお気軽にご相談ください。