水害復旧

水害復旧

1.家財等の撤去作業

家財等の撤去作業

水を含んだ畳などは、とても重たく撤去するには人出が必要です。

また、家財については綺麗に洗浄し正しく除菌・消毒をすれば再利用可能な物もあります。

2.汚泥除去作業

汚泥除去作業

浸水害後に1番苦戦する作業です。

汚泥の中には破傷風菌やレジオネラ菌などが含まれています。作業にあたる際には肌を極力出さず、長靴・手袋・マスクなどをきちんと着用しましょう。

また、汚泥が少しでも残っていると、カビやシロアリ、悪臭の原因となります。除去しづらい場所もあるかと思いますが汚泥は100%取り除くことが必要です。

3.床下洗浄作業

床下洗浄作業

汚泥除去を行った後は水道水で洗い流します。床下の高さに余裕がるようなら高圧洗浄機を活用します。
※床下洗浄作業を行わずに消毒をしても効果はありません。

4.乾燥作業

乾燥作業

浸水害後にカビやシロアリが発生してしまう原因のほとんどがこの乾燥作業を怠ってしまったことによるものです。

時間はかかってしまいますが、ご自身で作業される場合でも扇風機や送風機を使い、確実に乾燥させてください。

5.除菌・消毒作業

除菌・消毒作業

カビ菌や雑菌対策として、床下から室内まで除菌作業を行います。

また、除菌作業に使用する薬剤についてもどこにどんな薬剤を使用したらいいのか把握するために効能などを理解しておく必要があります。

6.オゾン脱臭作業

オゾン脱臭作業

除菌作業後は、養生等を行い密閉状態でオゾン脱臭を行います。密閉にすることで、薬剤噴霧では届かなかった所にまで除菌・消臭効果を得る事ができます。

これで、家の中の有害物質はなくなり、クリーンな状態になります。

7.バイオ消臭作業

バイオ消臭作業

オゾン脱臭作業後は、臭気やカビの原因となる物質をバイオ噴霧することにより抑制させます。

水害に遭い多く寄せられる相談

水害に遭い多く寄せられる相談
  • 体力的・精神的に自分で片付けができない。
  • 床上・床下浸水してしまったけど、どう片付ければ良いのかわからない
  • 汚泥を自分で掃除はしたけれど、完璧には除去できなかった。
  • 臭いが気になる。
  • シロアリやカビが発生しないか心配。
  • 消毒はどうすれば良いのかわからない。
  • 家財は全部処分するべきなのか。

水害に遭い工務店・ハウスクリーニング業や害虫駆除業者に依頼はしたけど何ヶ月も待たないといけない・・・

しかし、水害復旧は迅速に対応しないとどんどん汚染物質が発生し人体に影響を及ぼす可能性があります。

すぐに対応可能でクリーニング作業から害虫駆除まで行える特殊清掃専門業にご相談ください。

お客様の声

0120-293-556

遺品整理・特殊清掃ローン

メールでの無料お見積り

遺品整理のラスティック
TEL 0120-293-556メールでのお見積りこのページのトップへ
新型コロナウイルス(COVID-19)消毒・除染

ラスティックのサービス

ラスティックの作業について

ラスティックについて

遺品供養カルチャー協会
遺品供養士
日本特殊清掃隊
日本除菌脱臭サービス協会
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション
オゾンショックトリートメント法
プロバイオティクス工法
文部科学省
環境省
農林水産省
警察庁
文化庁
法務省
国交省

ラスティックでは、オゾンショックトリートメント法®、プロバイオティクス工法®などを活用し様々な現場での消臭を行っています。どのような臭い問題もお気軽にご相談ください。