コロナウイルス、クラスター対応をしています!!

クラスターが起こってしまった場合の対処は!?

こちらもクラスターが起こった現場です。6人が感染され当社にご依頼頂きました。

消毒作業を徹底的に行います。

当初、コロナ消毒ができる会社を探していたらしいのですが、いざクラスターが起こってしまったら中に入れず消毒作業ができない・・と困られていたようでした。

岡山県でもありますが、「予防」はできても「陽性」はできない!という会社が非常に多いです。

いざ!という時どうすれば良いのか?

まずは公的三機関である「厚生労働省」「WHO」「CDC」の施工方法に則り施工ができるか。

こちらは非常に大切なポイントとなります!

ご自身でもSNSなどで各ホームページをご一読し、その後に業者に確認しても良いかもしれません!

また、定期予防はもちろん、陽性反応が出た時の対応はできるかのご確認!

第1波でお客様が困っていたこととは・・

一番は、おそらく業者が薬剤を切らしていたことでしょう。

このご相談は非常に多くありました。

最初は「大丈夫!!」と言っていても、コロナは世界的問題です。

第1波の時はアメリカが買い占め日本では中々入手が困難となっていました。

第2波も必ず業者は薬剤を切らしてしまうでしょう。

そこで、当社では第1波の時から有難くもルートが確保できていたため対応が可能となっていました。

また、薬剤や防護服などは価格が奮闘してしまうため施工費用も上がる業者は多いでしょう。

そのようなことのない業者を今から探しておくことも非常に肝心です。

兵庫県神戸市で新型コロナウイルス消毒作業

兵庫県神戸市のビル1棟を全て消毒させていただきました。

9階建のビルで当初のご相談の時にもしも陽性反応が出たら依頼したい、と言われていましたがやはりコロナウイルス陽性反応感染者が出てしまい、急遽神戸市へ走ることに!

すぐ対応できるか?

答えは24時間前後には現場に入ることができます。コロナウイルス消毒・除菌作業は一刻を争うため緊急にて対応いたします。

工程はどのようになっているか?

新型コロナウイルス感染者(COVID-19)が出てしまった場合、ラスティックでは、「厚生労働省」「WHO」世界保健機関「CDC」アメリカ疾病予防管理センター、の3機関が推進している施工方法、薬剤に則り施工をしています。

基本的には人海戦術となります。その為重労働、感染リスクを背負っていることをご理解ください。

このやり方そのものを知っているのは日本でも10社前後でしょう。

なぜ正しい知識があるのか?

ラスティックは日本特殊清掃隊の一員として世界的に騒がれたダイヤモンドクルーズの除染作業(消毒)を行いました。

そこで得た知識を現在実践していますのでご安心ください。

見積もりはどうするのか?

当社ではコロナウイルスに関しましては見積もりに伺うことは基本行っていません。

理由として

(例)お客様が「この建物全てしてほしい」と言われましても、保健所から「ここら辺をした方が良いね」などのアドバイスが入り、当初の見積もりと変わることがほぼ全てです。

そのため見積もりに伺っても意味がありません。

値段はいくらするの?

平米「約7000円」(税別)となっております。

こちらには人件費も含まれておりますが薬剤費は別途となります。

日数はどのくらいで終わりますか?

平米数、家財などの量により変わりますので予めご相談ください。

その他、国難の為何なりとご相談ください。

早急に対応し除染をさせていただきます。

新型コロナウイルスに感染するその前に・・

日に日に新型コロナウイルス感染者(COVID-19)が増えてきてしまいました。

私どもに小さな頃から笑いをくださった「志村けん」さんもコロナウイルスとの闘病の末お亡くなりになりました。

心より御冥福をお祈り申し上げます。

このように一人でも感染者を出さないようにしたい!

それがラスティックの思いです。

ホテルやオフィスなどの定期清掃

現在、ホテルやオフィスといった人が集まる施設から定期清掃(特殊清掃)のご依頼が増えています。

これは、少しでも予防をしなくてはならない!といった危機管理の元ラスティックへご相談いただいています。

プライバシーの問題もあり、写真を載せることはできませんが、かなりの数の企業様から消毒・除菌、除染のお問い合わせをいただいております。

新型コロナウイルス(COVID-19)感染者が出てしまったら・・

感染者が出てしまったその時は迷わずご相談ください。

当社では・厚生労働省・WHO(世界保健機関)・CDC(アメリカ疾病予防管理センター)3機関の施工水準に基づいて施工をいたしております。

ご安心してご依頼ください。

まとめ

今後、岡山市や倉敷市といった岡山中心部はもちろん岡山県のどこにコロナ感染者がいるか分かりません。

実際に、まさかうちに来ているなんて・・

といった会社もあります。

その時は間違いなく営業停止となってしまいます。

しかし、それを2週間かかるのか、10日でおさまるのかはお客様次第です。

「ダイヤモンドクルーズ」も除染した!全国対応します!

世界的に問題となったダイヤモンドクルーズ号も除染しました。

クルーズ船に第一線として乗り込んだ数少ない業者として岡山県のみならず全国対応しています。

日本で初めて「厚生労働省」「WHO」「CDC」の3機関の認めた除染(消毒)方法が行われました。

日本では新型コロナウイルスが出てしまい3機関が認めた除染(消毒)方法が行われたのは現在までもこの1件しかありません!

従い、この作業に共闘した仲間しか3機関の施工方法を知らないのです。

その数「9社」!!

現在の危ないコロナビジネス

新型コロナウイルスとともに出てきたのが知識のないコロナビジネスをしている会社です。

私どもが見れば一目瞭然でその施工方法の酷さ(逆に現場を荒らしている!)が分かります。

これに飛びつくのが「メディア」です。

調べず、知らず、飛びつくのがマスメディアです。

自動噴霧器を使用しての薬剤噴霧!!

これは非常に多い「間違い」です!!

これをお客様が勘違いしだしたら怖いのでこちらも正しい施工方法を知っていただく為に、メディア発信を始めました!

6月の時点で約60件!!のメディア配信をしました。

岡山県でも新型コロナウイルスの除去依頼が増えています!

新型コロナウイルスが日本中、世界中で猛威をふるっており今や社会現象となっています。これは岡山県でも同様で、ラスティックでも岡山市、倉敷市、総社市、津山市、赤磐市、備前市、和気町、玉野市、高松市、米子市、境港市、神戸、大阪、広島(広島市、三次市、福山市)、福岡、高知、愛媛、島根などをを中心に「ホテル」「飲食関係」「行政関係」「高齢者施設」「葬儀社」パチンコ」「福祉施設」「銀行」といった特に人が集まるところからの消毒、除去依頼が多いです。

このような事態に陥っているからこそ、特殊清掃業者の出番です!

新型コロナウイルスの対処方法として

新型コロナウイルスの消毒、除染方法として一番のオススメは危険を伴うためもちろん業者にご依頼することです。

新型コロナウイルスはもはや「バイオハザード」状態です。

「人体のありとあらゆる所から入ってきます。

家財や衣類、壁などといったモノなどに付着して知らず知らずのうちにウイルスに触れた「付着感染」をしてしまいます。

また、飛沫感染と言われていますが、エアロゾル(ごく小さな粒子)感染の可能性の方が高いとも言われています。

それを対応するにあたり大切な事として「空間除菌」も非常に有効と考えます。

特に「プラズマオゾン」「バイオ」が非常に有効と思っております!

以下3種類ご紹介いたします。

(1)プラズマオゾン

ラスティックで使用しているオゾン発生機は安価で販売されているオゾン発生機とは全く異なり当社使用のオゾン発生機にはコア部分に高価なオゾン発生体が入っています。

このオゾン発生機に付いている、オゾン発生体からオゾンガスが生成される際に「プラズマ現象」が起こります。

このプラズマ現象を利用してして新型コロナウイルスを「焼き殺す」のも一つの手段と言われています。

(2)空間を整える (こちらは作業の最後に行います)

オゾンを燻蒸し消毒・除染した空間は「空間フローラ」(善玉菌・悪玉菌ともに減少した状態)になっています。

その空間の隙間に雑菌、病原菌、ウイルスの侵入と増殖が容易になるとても危険な状態となります。

そこで、空間の隙間に善玉菌を供給し空間フローラを形成することが大切になります。

空間フローラを整えることで除染の効果を維持し病気になりにくい空間が維持されるとともに予防効果にもつながります。

新型コロナウイルス除染の場合はこの作業以外以下の写真の様な自動噴霧器は善玉菌を入れる以外には使用しません。

(3)拭き取り作業

こちらは「厚生労働省」「WHO(世界保健機関)」「CDC(アメリカ疾病予防管理センター)」の3機関が最も推進している施工方法となります。

手摺やドアノブ、家財や壁天井といった手で届く箇所はしっかりと除菌剤で拭き取り、除菌・殺菌をすることが必要です。

モノに付着している新型コロナウイルスは目に見えないだけであり、空気中にコロナウイルスはいます。

それを消毒・除染することにより、より一層の安心、快適な空間をお客さまへご提供することができます。

そもそも新型コロナウイルスとは・・

新型コロナウイルスとは生き物というより「物体」です。

また、バイオハザードであり空気中に浮遊しており現時点までの新型コロナウイルスの除去をすることは可能です。

しかし、相当な知識と技術が必要となり現在ではまだ全世界でも除去確認をできる物が開発されていません。

ラスティックでは日本初の新型コロナウイルスの除去作業へ施工に行かさせていただきました。未だ、日本で厚生労働省・WHO・CDC、3機関の認める除去作業を行ったのはこの「ダイヤモンドプリンセス船」の1件のみとなります。

従って、この現場で同じ施工をした日本9社しか上記3機関が推進している施工方法を知らないということになります。

除染確認は?

現在、全世界でも除染後の確認はバイオハザードの観点から不可能とされています。

特に民間企業はなおさらです。

本来、孤独死やペット消臭、火災消臭など、脱臭・消臭後の「見える化」をする事は可能ですが、上記記述通り新型コロナウイルスの「見える化」は全世界共通で不可能です。

その点はご了承ください。

※除去済みの際はこちらに日付けを記載しお渡しいたしますので証明書としてご使用ください。※

プラスαとして!!

現時点で国(厚生労働省)・WHO・CDCとしても消毒を推進していますが、ラスティックの新型コロナウイルス対策、除去作業としてはそれに加え数段階上の施工をいたします。

新型コロナウイルス消毒、除去作業をするには深い技術と経験が必要となり強力な武器となります。

この深い経験を積み重ね持った特殊清掃業者こそが今新型コロナウイルスと戦える唯一の会社であります。

遺品整理のラスティック
TEL 0120-293-556メールでのお見積りこのページのトップへ
新型コロナウイルス(COVID-19)消毒・除染

ラスティックのサービス

ラスティックの作業について

ラスティックについて

遺品供養カルチャー協会
遺品供養士
日本特殊清掃隊
日本除菌脱臭サービス協会
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション
オゾンショックトリートメント法
プロバイオティクス工法
文部科学省
環境省
農林水産省
警察庁
文化庁
法務省
国交省

ラスティックでは、オゾンショックトリートメント法®、プロバイオティクス工法®などを活用し様々な現場での消臭を行っています。どのような臭い問題もお気軽にご相談ください。