広島県東広島市西条にて火災現場の消臭作業

広島県東広島市西条のマンション4階で火災(家事)があり火災現場の消臭作業へ

お伺いさせていただきました。

中に入ると灯油のポリ缶もあり、煤の臭いにまざり燃料の臭いも部屋一体に充満していました。

火災の消臭作業は内装解体も手作業の為大変であり、また煤除去作業も大変根気のいる作業です。

同時に火災の熱によって生じる有害物質(ダイオキシン)の除去も必要となってきます。

このような復旧作業も見積もり書により金額が多く出る場合もあります。

また、ラスティックでは科学調査により有害物質(ダイオキシン)の除去ができたかどうかも

確認することができます。

工務店、リフォーム、ハウスメーカー、ゼネコン、不動産、調理場、アパート・マンションオーナー他、

お困りの方は即ご連絡ください。

3社の特殊清掃業者が断った案件も施工完了!寂しい現代問題としてある仕事は!?

岡山市北区の某アパートで1人の男性(40代)が死後2ヶ月で発見されました。

ご遺族さまの方から連絡があり伺うとそのお宅はゴミ屋敷化していました。

孤独死で発見される多くの場合、このようなゴミ屋敷化した状態、またはコンビニ弁当の

空き箱が散乱しお酒の山ということが非常に多く見受けられます。

今回は、見積り時に大家さん立ち合いの元お見積りをさせていただき

5月中のご契約の為、5月中には施工完了させてほしい!とのご要望で入らせて頂きました。

話を聞くと「失礼なのですが見積りに来てもらったのはラスティックで4社目なんです。他の会社では臭いが落とせないらしくやはりリフォームか内装解体をしないとだめでしょうか」と。

正直、ラスティックでしたらこのくらいの臭いは全然落とせます!と頭では思いました。

実はこのお宅は猫も飼われておられ、猫の尿の臭いもうっすらしていました。

しかし、伺った当初は、ゴミの臭い、腐敗臭(死臭)に混ざり分かりにくかったのですが、

いつもの腐敗臭(死臭)だけではない、と経験からご遺族さまに伺うと、

電話で「猫を飼い始めた」と聞いていたらしいです。

こちらもそれで納得、やはりこれは猫の糞尿の臭いが混ざっていると判断できました。

(臭気も非常に高く岡山県の業者では経験があまりない為落とせる臭いでは無いと

すぐに思いました。)

ご遺族の方も正直に話してくださり本当に有り難く思いました。

やはり中には金額が高くなるかも・・と思われ隠される方もいらっしゃいますが、お見積り

を取らさせていただいているうちに何の臭いかは分かります。

そして後日、遺品整理に入らせて頂きお部屋を片付けていくとご友人の方と写ったお写真や、

ご家族さまとのお写真、またご趣味のカードのコレクション(おもちゃ)等がゴミの下から

たくさん出てこられました。

その中でショッキングだったのはかわいがられていた猫ちゃんの亡骸です。

ラスティックは孤独死現場、自殺現場に伺うことが多いのですが大概、餓死して死んでしまっている

事が多いです。

警察は、人間の亡骸は事件性の確認で検視として連れて帰りますが、ペットの亡骸は法律上、

かわいそうなことに「生ごみ扱い」とみなし置いて帰ります。

正直つらい・・

ラスティックでは生ゴミ扱いができないため、寺院へ連れていき供養をして頂いています。

(結構泣きそうになります・・)

全て片付いた後は特殊清掃(除菌、消臭、脱臭)へ入ります。

特殊清掃では特に企業秘密が多い為、工程内容はご契約された方のみの

ご説明となりますのでご了承ください。

全施工も終了し臭気測定器で測定してもしっかりと臭気も下がっており、

ゴミ臭、猫の糞尿臭、孤独死による腐敗臭(死臭)の全臭気を取り除く事が

できました。

現在特殊清掃を名乗っている会社は五万といます。

それは、通信教育などで簡易に遺品整理や特殊清掃の資格を取得することができ、

せっかく資格を取ったんだから特殊清掃を始めよう!

という会社が増えてしまったのです。

ラスティックは全国に五万といる会社の中から厳選された7社として

選んでいただきました。

(光栄です)

その7社で結成された「日本特殊清掃隊」!

こちらは、特許技術を情報共有していただき、また

日本トップレベル集団が常に技を共有しているため

岡山県ではありえない技を駆使し披露することができるようになりました。

その為、どのような臭いも一網打尽に消す事が可能となります!!

他社で落ちない臭い問題、また火災や水害、その他臭いに関するお問合せは特殊清掃

となりますので全てお受け致します。

【追伸】

この度はお悔やみ申し上げます。

御心配されていた臭いも無事に取る事ができラスティックとしても

良い経験となりました。

このご縁に感謝申し上げ今後も精進して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

離島でも伺っています。今回も香川県香川郡直島町での作業!

香川県香川郡直島町は27の島々で構成され大きな工場を持ったきれいな島です。

前回来た時は、ゴミ屋敷の遺品整理(孤独死、自殺にて特殊清掃有り)でした。

本当に前回は悲惨でした。

正直、首吊り自殺は岡山だろうと香川だろうと多く特殊清掃、遺品整理に伺うことは多い案件です。

瀬戸大橋を渡ればすぐなので、「何度もいろんな業者に依頼するより良い!」と言っていただけます。

と、話は少しそれましたが、前回はそのような事で来させていただいたな・・と今ノートパソコンを

打ちながら振り返っています。

今回も特殊清掃ということでは同じなんですが、自殺や孤立死(孤独死)ではなく、火災(ボヤ)なんです。

ボヤと一概に言っても熱を帯びてしまい有害物質(ダイオキシン)が出ている恐れもあるので、有害物質除去作業、煤(すす)の臭いが残るので、煤除去、煤清掃を行います。

そして、火災の特殊清掃を全般的に施していきます。

小規模ボヤ〜大規模火災(火事)まで消臭、脱臭はお任せください!

離島に行かないといった会社もありますが、ラスティックはどこにでも伺いますのでご安心ください!

すごく洒落な建物が直島に・・

海辺にはこの他にもオブジェがいっぱいです。

楽しい島ですよ!!

香川県香川郡直島町で、遺品整理、ゴミ屋敷清掃(片付け)、特殊清掃、水害、火災(民家、工場、化学工場、他)何なりとご用命下さい!

 

火災現場復旧に対する保険対応!業者の見積りひとつで出る額が・・

最近ではマンションやアパート、厨房などと岡山県でも火災のニュースは

毎日のようにしています。

その中で都会では多くご依頼があり、地方になればなるほど少ないご依頼

といえば「火災消臭」「火災脱臭」です。

最近では倉敷市の火災現場の消臭へ伺わせて頂きました。

火災に対しみなさまが気になる事といえばおそらく「保険対応」だと思います。

「火災になったけどどのくらいお金が出るのだろう!?」

といった不安、またその保険でどこまで復旧できるのだろう。

といった不安、たくさんの不安が覆いかぶさっていると思います。

その時に大切なのが「見積書の書き方」です。

書き方ひとつで出る額がこんなにも違う!

ということを一般の方はおそらく御存じないと思います。

また、火災にで発生する有害物質「ダイオキシン」の除去、根気のいる

煤除去、煤清掃といったところはリフォーム屋や大工さんでは間違いなくできないでしょう。

火事、火災、火災ゴミでお悩みの方はご連絡ください。

岡山県全域(離島含む)はもちろん、鳥取県、島根県、山口県、広島県の中国5県(離島含む)

の他でもご相談ください!

 

火災現場消臭

また、有害物質除去を科学的に調査可能ですのでご相談ください。

完全消臭って可能ですか?といった質問に対して

Q完全消臭って可能ですか!?

とのご質問はよくあります。

孤独死、自殺、猫屋敷、犬屋敷、ペット臭、ゴミ屋敷、火災、水害、タバコのヤニ、老人ホーム、葬儀社(ご遺体の臭い)、不動産etc

岡山県のどこの会社に聞いても完全消臭はできません。

と断られているとよく耳にします。

しかし、完全消臭はできるのです。

どのような臭いも落とすことが可能なのがラスティックの強みです。

しかも、上記でよく断られているのが「猫屋敷」「火災」です。

2つとも、脱臭方法は企業秘密の為こちらへ載せることはできませんがラスティックへお任せいただければ、

完全消臭させていただきます。

特殊清掃を名乗っている以上中途半端なことはできません。

特殊清掃、消臭、脱臭などと名乗っているそのほとんどが完全消臭できていないのが事実です。

(少なくても、岡山県では!広島、鳥取、島根、山口といった中国5県、”離島含む”も同じ)

ではご依頼されたところはどうしているか。

そのほとんどは「泣き寝入り」です。

しかし、泣き寝入りをされずしっかりと臭いを消したい!という方は1社目で消えなければ2社目、3社目・・・

と負担はあれど探される方もいらっしゃいます。

ラスティックのブログにもいつも載せていますが1社目で終わらせられるよう、しっかりと「業者へ聞いてください!」

何を!?と思われる方はお気軽にラスティックまでご連絡ください。

 

 

 

 

火災現場での消臭作業 倉敷市

倉敷市にて某大手ハウスメーカー様からのご依頼があり、火災現場の消臭作業

をさせていただきました。

火災現場では煤を落としていきますので必ず養生作業が必須となります。

2階では各所、煤除去作業が行われています。

大分、煤も落ち養生の上が真っ黒に!

その後にオゾンショックトリートメント法®で煤の臭いをしっかりと除去をしていきます。

後日、特殊コーティングにて臭いを徹底的に封じ込めていきます。

この様に火災現場は一見簡単そうに見えますが、かなり労力を様し、また難易度も相当高くなります。

消臭業者、特殊清掃業者においても火災現場での消臭作業の施工ができる会社は全国を探しても

おそらく10社も無いと思われます。

また、火災での熱により有害物質(ダイオキシン)の発生の考えられます。

ボヤ、小規模火災〜大規模火災までどの様なご案件でもお受けいたしますので

お気軽にご相談ください。

岡山県全域はもちろん対応可能となります。

 

 

 

この頃の特殊清掃では・・・!?

以前の岡山県での特殊清掃といえば孤立死(孤独死)や自殺、嘔吐イコール、

といった案件が多くありましたが、最近では様々な業者様、また一般の方にも少しずつ認知され、

火災現場、水害現場、ペット消臭などと幅広くご利用いただけるようになってきました。

特に、岡山県では昨年の大豪雨により余儀なくリフォームをされる方が多くその中でも

知識のあるリフォーム屋や工務店の方からは汚泥などの消臭消毒のご依頼があります。

昨年の大豪雨による汚泥の成分にはご遺体、生物、農薬etcなどのウイルスがたくさん含まれているため、

ただリフォームをするだけでは見た目が綺麗になるだけ

となります。

知人のリフォーム業者数件に尋ねたところ、「塩酸を吹いているだけ、どこも一緒だよ」

と、一緒の応えばかりです。

これでは本当に災害に遭い苦しんだ方々に思いやりがあるとは言えません。

ラスティックが依頼され入った家はどこも快適に住めるよう、一つひとつの工程をしっかりと

こなしていき、また臭気測定器を使用し臭いの測定もしています。

もちろん、オゾンガスを燻蒸させることによりウイルスも死滅させていきます。

この後初めてリフォームするのが正しい判断です。

家の見た目は綺麗でも一枚壁を剥いだら中は臭く、掃除もできていなかった!

と言う事例は山ほどあります。

まさか自分の家はそんなことない!と思われる方もいらっしゃるでしょうが、リフォーム業者さまが

特殊清掃はできませんし、機材、薬剤すら持っていません。

また、機材、薬剤にも使用方法がありそれを知っているのも専門業者である特殊清掃業者の中の

ごく一部です。

必ず、全てご確認の上施工をされてはいかがでしょうか。

平成31年から特殊清掃完全施行には解体業が必要となりました※

解体工事業許可

 

 

 

知っておかないといけない!火災においての消臭に必要な資格とは

火災が起こってしまった後は必ず煤(すす)などの臭いが経ちこもってしまいます。

(たったこれだけのボヤで外まで臭います)

そこで消臭作業へ伺う業者はやはり臭いのプロである「特殊清掃業者」です。

みなさまは特殊清掃といえば、孤立死(孤独死、自殺)を思い浮かべませんか?

もちろん、そのような案件もさせていただきますが、火災などによる臭い問題も

例外ではございません。

しかし一丸に特殊清掃業者といえど資格の有無が必須となります。

(平成31年度から完全に法律上なりました。の方が正しいです)

それは解体業です。

しかし解体屋さんが特殊清掃をできるわけもなく、非常にお客様も特殊清掃業者

を探すのに困難されています。

また、資格のない業者をお客様に紹介するなんてもってのほかです。

さて、話は戻り火災現状復旧作業での煤除去、煤掃除などは内装解体をすることも

もちろん写真のようにあります。

写真では床を解体していますよね。

孤立死(孤独死)、ペット臭など、特殊清掃のほとんどに解体は付き物です。

従って

解体工事業許可

この様な許認可が必要となりました。

これは岡山だけではなく全国的に同じです。

これは法律ですのでお気をつけください。

 

 

 

火災においての煤除去問題の増加

火災においての煤(すす)除去、煤(すす)清掃の問題が工務店様、ハウスメーカー様、

ハウスクリーニング業者様、遺品整理、特殊清掃業者様、産業廃棄物、一般廃棄物業者様、

弁護士様、司法書士様、行政書士様、その他、様々な方からのご依頼を頂いています。

この火災においての煤(スス)の臭いは孤立死(孤独死)とは違い、非常に難易度が高く

なります。

また、煤(スス)は埃と同じでキメ細かくどこにでも入り込む微粒の分子です。

これを除去、清掃するには非常に困難されていらっしゃる業者様がいます。

「リフォームは高い。内装解体も高い。どうしよう!?」

というお客様も多くいらっしゃいますが、火災の多くは「保険適用」が可能となります。

特に、有害と判断された場合には高額保険の対応も可能となります。

火災復旧でお困りの際は、ぜひご相談ください。

解体業許可 

ラスティックではOST法(オゾンショックトリートメント法)を活用致します。

O3(オゾン)はO2に変化致しますので、施工後は安心して快適な暮らしが戻ります。

法令遵守にてご対応致します。

火災現場での煤除去、煤清掃の増加

岡山県でももちろん火災現場(ボヤも含む)はあります。

その際、現場には煤(すす)が出ます。

その煤の除去、清掃も特殊清掃となります。

その煤は様々な所へ入り込む可能性もある為、

一部解体の可能性も出てきます。

その場合法令に則り必要な資格として以下のような

ものがあります。

解体業許可

解体業」です。

※平成31年から完全施行に必要な資格となります。※

岡山県の特殊清掃会社でこの資格を所持しているのは

ラスティック1社のみとなります。

要するに持たず特殊清掃をする(床解体など)をする事は

完全に違法となります。

今までは火災=内装解体というイメージが定着していた岡山ですが、

関東、関西、九州などではすでに火災後によるリフォーム前の消臭、

倉庫の大規模火災、病院、学校でのボヤ〜大規模火災、厨房によった火災、

ホームメーカー、工務店、不動産さまの様々な煤、焦げのお悩み臭いと戦っています。

煤除去や煤清掃、また火災水害の消臭に至ってもほとんどの場合、

自社での解体が必要となります。

孤立死(孤独死)にしても当然の事ながら、体液、血液などの浸透によった

床解体などが必要となります。

岡山県でもこれからどんどんと復旧作業は増えていくと考えられます。

上記、臭い問題のお悩みは1度ラスティックへご相談ください。

 

 

遺品整理のラスティック
TEL 0120-293-556メールでのお見積りこのページのトップへ
新型コロナウイルス(COVID-19)消毒・除染

ラスティックのサービス

ラスティックの作業について

ラスティックについて

遺品供養カルチャー協会
遺品供養士
日本特殊清掃隊
日本除菌脱臭サービス協会
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション
オゾンショックトリートメント法
プロバイオティクス工法
文部科学省
環境省
農林水産省
警察庁
文化庁
法務省
国交省

ラスティックでは、オゾンショックトリートメント法®、プロバイオティクス工法®などを活用し様々な現場での消臭を行っています。どのような臭い問題もお気軽にご相談ください。