岡山県内の歯科にてコロナ消毒!!

歯科医院でコロナウイルス消毒作業を行いました

医療業界も様々な病院様がコロナウイルスの感染に脅かされています。
今回は歯科医院様からのご依頼・ご相談を受け、作業を実施してまいりました。

施工させて頂いた某歯科医院様より、今後のコロナウイルスについての対応・知識を是非共有して欲しい、と有難いお言葉を頂戴致しましたので掲載致します。
歯科医様に限らず、ご家庭や職場でもお使い頂けるテクニックもご紹介致しますので、是非ご覧下さい。

施工について~初期消毒・オゾン発生機の使用~

上記、写真はオゾン発生機によるOST法(オゾン・ショック・トリートメント)を施工している最中のものです。 

OST法とは、多様な臭気・強い臭気を短時間で強力に脱臭出来るものであり、その効果は災害復旧(火災、ボヤ、水害の後)、特殊清掃(孤立死(孤独死)、ゴミ屋敷)、といった重篤な現場から、たばこ・ペット・カビ・生活臭といった日常的な臭気まで幅広く対応出来る唯一の方法となります。

先日、奈良県立医科大学様により、オゾン発生機による新型コロナウイルスの不活化が実証されたことにより、OST法などの専門知識のある私たち特殊清掃会社が新型コロナウイルスの消毒・除菌の対応をしております。

ラスティックでは、上記の作業を初期消毒として施工しており、これにより物質表面・空間中に存在する新型コロナウイルスを不活化させた後、次工程の拭取り作業を施工していきます。
当社ではこの施工を「ハイブリッド工法」と呼んでおります。
WHO、CDC、厚生労働省が推奨する拭取り作業に、

施工について~拭取り作業~

次は、実際の拭取り作業中の写真です。
こちらの写真の座席を、各ご家庭にある椅子や職場で使用している机・椅子に見立ててお考えください。

机・椅子を拭き取る際に、注意すべき点いくつかあります。
注意点については厚生労働省のHP「新型コロナウイルスに関するガイドライン」にも掲載されていますので、そちらも併せて是非ご一読ください。

①拭取りをする際には、必ず一方向に拭き取る。
―よく左右に振るように拭く事が多いですが、この拭き方では拭き残しが発生
 しやすく、ウイルスを逃しやすくなってしまいます。

②薬剤を使用する際、対象物に薬剤を吹きかけるのではなく、ウエスや拭くもの
 に薬剤を付けてから拭き取る。
―新型コロナウイルスに限らずですが、ウイルスや細菌は非常に小さいため、薬
 剤を噴霧してしまうと、その勢いで吹き飛んでしまい作業が必要なエリアを拡
 げてしまう可能性があります。
 また、薬剤を噴霧した際に人の目には万遍なく薬剤が行き渡っているように見
 えますが、ウイルスや細菌にとってはその小ささから薬剤が当たっていない場
 合があります。

拭取り作業について

〜実践編〜

次に実際に拭き取りをする際の注意点を挙げていきます。

①拭き取る箇所は表面や上側だけでは無い。

椅子やドア、机などの側面や裏面を必ず拭き取りましょう。
座った時や立ち上がる際、表面以外にも触れる箇所は多くあり、表面を拭き取るだけでは不十分です。もしかしたら、ここも触っているかも知れないという箇所は余さず拭き取っていきましょう。

②壁と床がかなり危険であるという事

今回、歯科医院様の方ではオゾン発生機による表面のウイルス・細菌の消毒を行なっておりますが、ご自宅や職場となるとそう簡単に出来るものではありません。しかし、壁や床には非常に多くのウイルスや細菌が付着している可能性があり、新型コロナウイルスも例外ではありません。

空間中に漂っているウイルスは空気の流れなどで壁に付着し、飛沫が落ちる最終地点は床です。この2箇所を徹底的に消毒・除菌する事が今後の予防にとって非常に重要となります。

飛沫が飛ぶ範囲としては、手を上部に伸ばした高さくらいまでと言われていますので、壁についてはこの高さから下を拭き取りましょう。こちらも「一方向」を意識して拭取りを行いましょう。

③拭取り作業を行う際の薬剤の量について

薬剤でひたひたになるくらいの量で拭き取りを行う事が適切です。塗り込むようなイメージをして頂けたらと思います。
これはどの箇所でも同じように行ってください。

拭取り作業~経験談編~

今回、施工させて頂きました歯科医院様においては他の会社様には無い専門器具が多くあります。勿論これは各会社様においてそれぞれ同様の事と思います。
このような専門器具があるような作業においての経験談を幾つかご紹介させて頂けたらと思います。

歯科医院様での一番の専門器具と言えば、治療台です。
こちらの座席周りの器具をしっかり拭き取っていきます。医療従事者様より、上部ライトや操作器具、治療用器具を重点的に拭取り作業をして欲しいというご希望を受け対応致しました。

他の例として保育園様で作業をさせて頂いた場合ですと、大人の目線での作業以外に子供目線での作業が必要となります。
大人と比べて身長が低い為、手で触れる範囲や場所が大きく変わります。普段、大人だと触らないような箇所であったりします。
幼児や児童が日々遊ぶおもちゃなども丁寧に拭取る必要があります。小さい子ほど物を口に運んだりするので、要注意です。

建機会社様で作業させて場合は、重機やトラック・機器類の保管庫などを作業させて頂きました。車両系についてはキャビン内が密閉になりやすいため、ハンドル部分などの操作器具やシートをしっかり拭き取り致しました。
また、精密機器類は使用薬剤が水溶液であることから、ショートや破損が無いように固く絞り、二度拭きや三度拭きを行って対応致しました。
ラスティックではこのような精密機器類が多い会社様では絶対にアルコール系薬剤を使用しません。アルコールは気化しやすく、引火性が高いため二次災害に繋がりやすいからです。当社では作業現場の内容毎に薬剤を使い分けているのでご安心ください。

最後に

現在東京都では一日の陽性者が2,000人を超えるなど、新型コロナウイルス感染の勢いが衰えていません。第3波の到来とも言われており、今後も感染拡大が続く可能性が高いと思われます。
私共も消毒作業や無料セミナー、ブログでの情報発信を通して知識の共有・感染縮小に貢献していけたらと思っております。
作業についての方法・注意点などについては、今後も更新していく予定ですので是非宜しくお願い致します。

今回、歯科医院様より、新型コロナウイルスについての情報や対応を共有して頂けたら、とお言葉を頂戴しこのような情報発信をさせて頂きました。歯科医院様、ご協力につきまして本当にありがとうございます。

生前整理からのリピーター様

リピーター様からの遺品整理

岡山県倉敷市で前回葬儀社からのご紹介で「生前整理」をさせていただいたお客様が「丁寧な仕事をしてくれたので今回は遺品整理をお願いしたい!」とありがたいお言葉をいただきました。

リサイクル品が多かったので!

今回はリサイクル品が多かったので遺品整理の代金もお安くできました。

特に「おもちゃ」を丁寧に保存されておられ完品が多かった為大幅に値下げをすることができました。

多かった廃棄物

一軒家の2階がゴミ屋敷になっているので片付けて清掃、除菌してほしいといったご依頼でした。

確かに廃棄物(ゴミ)となってしまう物も非常に多く思ったよりかなりの時間がかかりました。

2部屋で丸1日です。

除菌・ハウスクリーニングへ!

遺品整理が終わり、部屋の物を全て出した後は除菌・ハウスクリーニングです。

実は、ゴミ屋敷となっていたこともあったのですが、お母様が1日遅く孤独死として発見されました。

臭気は全くなく、体液もありません。

お客様のご意向でハウスクリーニングと除菌だけしてほしいとの事でしっかりとさせていただきました。

壁も長年培った汚れが落ちていきます。

窓やサッシも綺麗に!!

ベランダも見違えるように!

そして除菌もきっちりとしていきます。

約45年の汚れがみるみる落ちていきます。

お客様も大変びっくりされ大変ご満足されていました!

みんな「ありがとう」という言葉に感動!!

この言葉があるから頑張れます。

この度はご愁傷様でした。謹んでお悔やみ申し上げます。

残念でしたがゴミ屋敷からの孤独死となってしまいました。

 

この度はご愁傷さまです。

ラスティックはご遺族様からの声を大切にさせて頂いています。

今回は岡山県北にある一軒家での事でした。

高く積み上げられた空缶などの山!

その中にある体液の海・・

そこはまさに孤独死の後です。

その他生ごみや大型タンス、お仏壇・・

様々な家財やゴミが出てこられました。

しかし、ご遺族様がしっかりとされておられ、

こちらの遺品整理はスムーズに進むことができました。

大切なご縁を有難う御座いました。

 

台風での床下浸水。新見市へ水害特殊へ!!

岡山県、県北では台風などの影響から床下まで浸水があり、また夏に逆戻り

したかのように暑さが戻ってきました。

その為、汚泥から腐敗臭が発生しカビ菌も増殖してしまい同時にシロアリまで

来てしまいます。

ボランティアの方も一時復旧のお手伝いをしてくださりますがその後はどうしても

業者に依頼せざるおえません。

今回は新見市の御宅へ数件伺わせていただき水害特殊(特殊清掃)、

復旧をさせていただきました。

(被災地の為、写真は控えさせていただきます)

今回は汚泥をボランティアの方が取り除いてくださっていましたが、

その後、もう一度その場を清掃、除菌剤などの噴霧、オゾンの燻霧するetc…

ボランティアの方が入られた後はもう一踏ん張り!!

ぜひお問い合わせください!

保険屋の方はこちらで対応致しますのでご安心ください。

いち早く復旧いたしましょう!

 

 

 

遺品整理や孤独死、匂い問題でお困りの方へ!!

遺品整理やゴミ屋敷、孤独死などによる匂い問題は岡山県内(岡山市、倉敷市、津山市、赤磐市、備前市、和気町などを始めとする)でも後を絶つことはありません。

(最近施工した例題)

このような状態になれば分別は大変となり、生ごみ臭や孤独死をされれば

腐敗臭なども取れず、オーナー様やご近隣の方からのクレームや賠償問題まで

発展してしまうことも少なくはありません。

そこでラスティックのような片付け業者、特殊清掃業者ができた訳です。

一概に片付けると言ってもその中にはコンプライアンス(法令)があり、

誰もができる訳ではありません。

また、「どこからどこまで」その業者がしてくださるのか。

なぜ、他者との値段が違うのか、を聞いてみるのもいいでしょう。

服でも車でもグレードなどのように「松竹梅」があります。

その業者がでしたらの仕事もできるため、プランを立てていただき

しっかりとご相談にのっていただくことも可能でしょう。

しかし、呼んだ業者がの場合、そのようなことが不可能となります。

一軒家の方はをお選びになることが多く、賃貸の方はをお選びに

なることが多く思います。

やはり、賃貸の場合は大家様からの苦情があり、これ以上の苦情は苦痛に感じられる

方がほとんどだからです。

しかし、上記のようにを選ばれたつもりがその業者が2流、もしくは3流で、

ご依頼されたは良いが終わってオーナー、不動産へ見ていただくと、まだ臭うので、

汚れているので、やり直してください!と言われることがほとんどです。

こちらは孤独死のやり直しですが、まだ臭いがするということで、伺うと見ての通り。

体液が取れていませんでした。

体液がこのように付いている、また臭気が高くこの状態での引き渡しに至ったのはなぜか。

お客様に聞いてみると業者が「どこの会社もここまでしか匂いは落とせませんよ」

と言われ泣き寝入りされたそうです。

しかし、苦情がきたため、口コミからラスティックにご相談があり、お伺いさせていただき、

完全消臭できていない理由をお話しさせていただき、弊社の施工方法をお伝えし、お任せいただき完全消臭させていただきました。

オーナー様、不動産の方も「過去に孤独死の事例はあるがここまで匂いが取れるんだね

と大変お喜びくださりました。

誰もが業者なので同じことができると勘違いされがちですが、職人仕事ですので

業者により全く腕が違います。

1社で終わるはずが終わらなかった!はこの業界では恥ずかしい話よくあります。

お客様も十分に気をつけて遺品整理専門より、特殊清掃専門を選ばれた方が

間違いはないでしょう。

特殊清掃専門業社なら遺品整理の奥まで詳しく理解していますので!

お任せください!!

この時期多い案件とは!?やはり匂い問題!!1位〜5位までまとめてみました。

最近岡山県で多い案件としてやはり多いのは匂いに関する問題です。

(1)ゴミ屋敷の片付け!

この時期は一番多いかもしれません!

この様に溜まってしまったゴミの中には「生ごみ」なども含まれており、

この暑い時期になるときつい臭いを発します!

キレイに片付けて脱臭すれば今までとは全く変わった生活環境が生まれます。

また、「ゴミ屋敷は孤独死の合図」と呼ばれるほど恐ろしいものです。

近隣の方も見て見ぬふりをせず、少しの優しさで行政に声をかけてみては

いかがでしょうか。

(2)孤独死

孤独死、孤立死は寂しい事に厚労省調べにおいても年々増加傾向にあります。

ご事情のあるお宅、天涯孤独のお方、高齢者の一人住まい、セルフネグレクト

となり(1)の様にゴミ屋敷化してしまいゴミの中でお亡くなり、様々です。

弊社で一番多いのはやはり(1)のセルフネグレクトだと思います。

死別、離婚などにより引き金を引いていることが多く思われます。

赤磐市の某お宅です。

お亡くなりになり約半年でした。

(3)ペット消臭

現代ペットブームによりペット消臭が急増化しています。

その中で一番多いのはやはり「」です。

猫の尿に含まれている成分の中には中々簡単に取れない

物が入っています。

又その他臭いの取り方の方法があり、猫の尿の完全消臭は

全国でも数える程しかないと思います。

(4)遺品整理

4位に遺品整理がきました。

やはり1位〜3位といった上位は臭い問題が来ていますが、

この時期は蒸し暑く湿気に乗って臭いが家の外まで出てきます

ので苦情となり当然だと思います。

中には近隣から賠償問題になる例もあります。

遺品整理はラスティックの本業ですので年中平行して

あります。

有り難い事です。

(5)残置物撤去

解体前の家財撤去、不動産に売買される前の家財撤去、空き家の家財撤去と

ケースは様々ですが、残置物撤去も(4)の遺品整理同様に多く思われます。

本日は岡山市と赤磐市でしたが、6月に特に多かった地域を綴っておきます。

岡山県、岡山市、倉敷市、総社市、赤磐市、備前市、和気町、香川県、高松市、善通寺市、

東広島市、広島市、福山市、兵庫県、赤穂市、明石市、相生市、姫路市(字は被っている所も

有りますので省きます)

やはり、遺品整理、生前整理、残置物撤去は例月より少し多い位ですが

特殊清掃が急増化しています。

(2)の孤独死には遺品整理も付き物ですので(4)の遺品整理からは省いていますが、

特殊清掃によった脱臭、除菌はラスティックではすごく多い案件です。

その他、どこでの地域でも向かいますのでお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

玉野市での生前整理とハウスクリーニング!

岡山県玉野市の一軒家で生前整理とハウスクリーニングのご依頼を頂きました。

家は物で溢れかえり、人と人がすれ違う隙間もないほどの物量でした。

しかし廃棄したい物は少し・・

今までの経験を活かし「廃棄から整頓へ!

綺麗に整頓できたところでハウスクリーニングへ!!

女性ならではの気遣い心遣いがあります。

弊社の専用薬剤を使えば油汚れも一拭きでこの通り!

女性スタッフがお客様に寄り添い整理収納をお伝えしています。

すごく綺麗になり満足されこの笑顔を頂きました。

メッチャ喜んでいただき、こちらとしても楽しい生前整理でした。

 

 

 

 

全国的に処分費用の奮闘!!その訳とは・・!?だからこそ整理は今するべき!

ラスティックでの遺品整理は倉敷市、岡山市が最も多く感じます。

やはり子供さんが家にいらっしゃらない、という事も少なからずは

関係しているように思います。

また、倉敷市となると古くの庄屋の家が多くとても自分たちでは

運びきれない物量となってしまっているお宅も良く拝見致します。

先日も倉敷市の遺品整理の見積りに伺いました。

そちらのお宅も古くの庄屋のお宅で、家は空き家となって10年以上

経過されているらしく遺品整理(家庭系一般廃棄物)と解体(産業廃棄物)の

ご依頼をされました。

実は、5年ほど前にも見積りを他社様でされたことがあったらしく、その時「高い

と思い止めたらしいです。

今回、弊社は相見積もりを取られており他社様よりは「安い」と言われたのですが、

5年前の会社より高いからそれ以下にしてほしい!と言われました。

実はそれは無理廃棄の処分費用はドンドンと上がっています。

トランプさん(大統領)の一言で貿易が止められ、日本各地でいわゆる「雑品」が今までは

数円、数十円で買い取ってくれていた物が今ではお金がかかるように!

どこのお宅でも雑品は非常に多い為、処分費が高くなっても仕方がないのです。

また、昨年起った「平成30年7月豪雨」の復旧作業のしわ寄せにより岡山県の解体業者は

大変仕事に追われてしまい、それに伴い全体的に費用が高くなっているのが現実です。

数年前と今、また1年後でも料金に違いは勿論出ますし2019年10月からは消費税

が上がるので今のうちに不要な物は処分しておかないと金額的にも大変なことになります。

人間は困ったときにやっと腰を上げる習性があります。

しかし、自分に不幸があったとき御子息がお困りなのはお分かりのはず。

私どもは遺品整理をしている為そのような場面に幾度となく立ち会っています。

「要らないものは捨てる」

一昔前は形見分けがあり、お亡くなりになった方のご遺品は御子息が整理するのが

当たり前の時代でした。

しかし現代は違うんです。

そんな事をしていては御子息の家庭が崩壊しかねません。

今後ますます処分費は高くなっていくでしょう!

その時と今とどちらが良いでしょう。

最高の整理をしましょう!!

 

赤磐市山陽でご友人の遺品整理 

岡山県赤磐市山陽での遺品整理でした。

今回は社長のご友人のお父様の遺品整理でしたが、

約1年前に心筋梗塞でお亡くなりになられ、その上県外、海外出張が続いたためお仕事がお忙しく

片付けようにも片付けられない状態が続き今回やっと片付けられると「ほっ」とされていました。

また、家も家財がなくなり「こんなにも広かったんだな」としみじみ・・

今後は、家を売却しようか解体しようかと悩み中で、「どちらにしろ忙しいから頼むわ!」

と言われていました。

もちろん、ラスティックでは様々な業者様とつながりを持っているためご要望に沿った会社を

ご紹介しています。

今回は赤磐市ですがどこでも行きますのでお気軽にお問い合わせください。

フットワークはかなり軽いので!

瀬戸内市長船町で遺品整理兼ゴミ屋敷の片付けでした。そして・・そこで見たものは・・・

今回は、岡山県瀬戸内市長船町でゴミ屋敷の片付け兼遺品整理のご依頼でした。

長船町で有名なのが「名刀長船」!

かっこいいですよ!!

・・というのはさておき、お問合せであるご相談の一つに「ゴミ屋敷の片付けと遺品整理を合わせる必要ってあるの?」と・・。

確かに一見同じ片付けなのに。と思われる方もいらっしゃいます。

しかし、片付け(片を付ける)に遺品整理が入ればその中には「貴重品探索」など、細やかな

所まで見落とすことのないように分別していきます。

時間はかかりますが、想い出の品、貴重品、御遺品に繋がる品など発見されやすくなり、

ご家族さまでしたら悔いのないように後世を過ごせるのではないでしょうか。

しかし現代の岡山県の遺品整理では「遺品整理という名の不用品回収」が当たり前となっています。

私ども供養業界がねじ曲がってきているのか、また廃棄物業者上がりの業者、リサイクルショップ、

骨董品屋と遺品整理は副業で本業の「物探し」をしたいが為に遺品整理を名乗っている会社も多くあり、岡山県の遺品整理専門はラスティック以外に1社、特殊清掃業者となると中四国山陰でもラスティック1社のみと非常に少ないです。

逆に言えば、遺品整理を副業にしている会社が多い為、違法当たり前、悪徳を悪徳と思わない会社が多い!

話は戻り、こちらのお宅は古くは刀を造っていた家柄らしく「名刀長船」が6本倉から出てきました。

全て登録書付きで、お客様にお渡ししました。(遺品として)

おそらくは、今回の片付け費用におつりがくる査定額となるでしょう。

このように、遺品整理を使用すれば今回は刀ですが、装飾品など、何が見つかるか分かりませんし、

逆に相殺すればかなり安くついた、という事も良くある事です。

悪質な業者は値打ちのありそうなものを盗むこともあります。

そこは厳重に注意してください。

今回は良いご遺品を遺されておられ助かったと思います。

 

遺品整理のラスティック
TEL 0120-293-556メールでのお見積りこのページのトップへ
新型コロナウイルス(COVID-19)消毒・除染

ラスティックのサービス

ラスティックの作業について

ラスティックについて

遺品供養カルチャー協会
遺品供養士
日本特殊清掃隊
日本除菌脱臭サービス協会
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション
オゾンショックトリートメント法
プロバイオティクス工法
文部科学省
環境省
農林水産省
警察庁
文化庁
法務省
国交省

ラスティックでは、オゾンショックトリートメント法®、プロバイオティクス工法®などを活用し様々な現場での消臭を行っています。どのような臭い問題もお気軽にご相談ください。