岡山県東区西大寺でゴミ屋敷の片付け

ゴミ屋敷の片付けと除菌・清掃をさせて頂きました!

本日は岡山県東区西大寺にてゴミ屋敷の片付けと除菌・清掃を実施してまいりました。
年末に向けて片付けや清掃のご依頼・ご相談が増えてきている地域の一つです。
年末年始の大片付けは一人では中々、骨が折れるものです。今回のご依頼も、新年から新しい気持ちで住んでいきたいとの思いからでした。

三年間分の想いを整理する

お客様が、三年前に就職して一人暮らしを始めたのは良いが、仕事とプライベートの両立が難しく、疲れもあり段々とゴミ捨てが億劫になってしまったという過去を教えてくださいました。
ラスティックではこういったご相談を多く受けておりますが、お客様の数だけ理由があり、様々なエピソードや想いがあります。ただ、片付けをするだけではなく、お客様の想いを大切にし、心の不安を取り除く事こそがラスティックの目指す目標です。

いざ、お部屋の片付け・大掃除!!

今回の大片付けは、コンビニで購入した弁当ガラやペットボトルが中心となっており、生活ごみが非常に多いという内容でした。
1Kのお部屋でしたが、足場を埋め尽くすぐらいの量が溜めこまれており、生ごみが腐敗した匂いが部屋から漏れ出ている状況でした。

たまったゴミがもたらす影響とは…

うず高く溜まったゴミは約1.8mほどまであり、その多さがうかがえます。
溜まったゴミは熱を持ちやすく、夏場ですと室内温度が急激に上昇し、熱中症の原因となる場合があります。事実、ゴミ屋敷になった後にその中で孤立死(孤独死)を遂げてしまう、という事が多々あります。
また、ゴミをためてしまうと害虫が発生し、病原菌をもたらす事によって、病気や体調不良の原因となってしまいます。

台所は食べものの残骸が放置されており、脂分が付着し茶色くなっている状態で、乾燥した付着物がこびり付いていました。シンク内も様々な生ものが付着・凝固しており、水が流れないようになっていました。ゴミがたまる事により設備や機器類にも不調が出るようになっていました。

トイレ前の通路は多くのペットボトルで足場もないくらいに埋め尽くされていました。まだ中身が入っているものもあり、床部分には漏れ出た飲料が固まってしまっている個所もありました。経年劣化や劣悪な環境により容器が破損し、内容物が漏れだす事はよくあります。片付ける際にも怪我の原因や作業の負担が増える事になるので作業員一同、気を付けながらすすめていきます。

自力での改善・清掃は非常に難しい

部屋の一角にあるテレビ。この前だけゴミが少なくなっており、この僅かなスペースで生活を送っていたとの事です。部屋に生ごみなどの腐敗臭が充満しており、ゴミで窓も開かない為、換気が出来ず空気が淀んでいる状況でした。

ゴミをためてしまう理由は100人100通りあります。
それぞれの理由が、私生活において複雑に絡み合い、ゴミ屋敷を作り上げてしまいます。根本的な理由の部分を取り除く事が出来れば改善される可能性はありますが、中々難しいものです。そこにゴミをためてしまうことで体調不良や病気がちになりやすく、気持ちがマイナス思考に陥ってしまいます。
そして一度入ってしまった負のループから抜け出す事は容易ではありません。

ごみの中から出てくるものとは

通路にある弁当がらやペットボトルを片付けていき、やっと床が見えました。

ゴミが片付いたことにより、窓が開くようになりました。
これにより換気が出来るようになったおかげで、室内の淀んだ空気が少しずつ澄んでいくのを感じました。

破損した容器から漏れ出た液体がコンセント付近に付着しています。ショートや破損の原因にもなり、二次災害で火災が起きる恐れもあります。

室内のゴミを八割ほど取り除き、床の大部分が見えるようになりました。
多くの内容物が漏れ出しており、床がゴミと液体が混ざったような付着物で覆われていました。

床からは大量の硬貨が出てきました。既に錆びている硬貨もあり、三年間分の歴史が見て取れます。恐らくですが、食べ物を購入しお釣りを受け取ったままゴミと一緒に放置していたのではないかと思います。片付けをしながら、見つける度に集め、お客様に全てお渡しさせて頂きました。

作業前     作業後

産廃ゴミ回収は可能ですか?

産業廃棄物の回収について!

ゴミには大きく分けて一般廃棄物と産業廃棄物の2種類が有ります。
遺品整理などで家庭から出て来る「家財」などは基本的に一般廃棄物(一廃)に
なります。
逆に工業、産業などによって出た廃棄物(ゴミ)を産業廃棄物(産廃)と言います。
ラスティックでも産業廃棄物収集運搬業の登録をしていますのでご安心いただき
ご依頼いただけます。

主にどのような物があるのか・・

一般廃棄物と産業廃棄物の違いを知らない方が殆どです。
冒頭申した通り、一般廃棄物(一廃)は「家財」などのタンスやソファー、机やいす、
テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、電子レンジ、掃除機、布団、その他です。
産業廃棄物(産廃)は紙くず、木くず、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック、ゴミくず、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず、がれき類、紙くず、その他です。
簡単に言えば、自治体により違いが有りますが、クリーンセンターで引き取っていただけない物は産業廃棄物(産廃)となると考えてよいでしょう。

産業廃棄物業者に頼むときの注意点

業者を選定するにもどこに気を付ければ良いか分からない!
といった方も実は多いのです。
実は産業廃棄物収集運搬の試験に合格してもその後の「登録」を行政に
していない会社が実は多いのです。
理由は簡単、登録が必要だと知らないからです。
合格をすれば「証書」が会社事務所へ届きます。
そこで、合格を確認し合格したから産業廃棄物の仕事ができると
勘違いをされていらっしゃる会社が在ります。
そういったことも視野に入れて選定しましょう。

どの様な業種から依頼が多いのか!?

特に多いのは、「林業」などの草や不法投棄されたごみの処理、
「塗装業」などのペンキの付いた空き缶、
「建築業」の木くずや鉄くず、ゴムくずなどです。

これらを業者が登録なしに自社運搬することは違法です。

365日24時間営業していますので何なりとご用命ください。

株式会社ラスティック 代表取締役
遺品整理総合相談窓口協同組合 代表理事
一般社団法人 遺品供養カルチャー協会 代表理事
一般社団法人 日本特殊清掃隊 理事
 延原直樹

続く孤独死、アパート、マンションなどの近隣への早急な対処!

前書き

涼しくなったと思えば暑くなり雨が降りと異常気象が続く岡山県。

その岡山県では現在臭い問題が続いています。

その代名詞となっている一つが孤独死です。

(1)-1臭い問題

臭い問題は社会問題ともなっており、岡山も他人事ではありません。

ゴミ屋敷からの異臭、孤独死からの腐敗臭、猫屋敷からの糞尿臭・・

様々な臭いが地球上で存在します。

その臭いは強くなればなるほど賠償問題へと発展していく可能性があります。

(1)-2孤独死

現在ラスティックも多くの案件を抱えている孤独死による特殊清掃。

当然臭気が高くなればなるほどに臭いも落ちにくくなってしまいます。

しかしご安心ください。

臭いは必ず落ちます!!

葬儀社の方や不動産の方が臭いで中に入れなくても、たちまち臭いを

軽減する「なごみパック」をご紹介いたします。

(1)-3近隣への対応は!?

ご遺族様の多くは近隣の方のを気にされる方が多くいらっしゃいます。

当然ながらそこには申し訳なささも入り交ざっていると思います。

ラスティックではそのようなご遺族様に代わりご近隣の方への配慮を欠かさず、

ご依頼が有れば無料でご遺族様の代わりとなり一言お断りにまわらせて頂きます。

(2)-1遺品整理

遺品整理ってただのごみ処分と勘違いをされていらっしゃる方も少なくは

御座いません。

それは浅はかな業者も同じことです。

和気町で100人100通りの遺品整理!ご覧ください!

上記のような遺品整理がラスティックです。

(2)-2特殊清掃での遺品整理

一概に遺品整理といってもその中にはご遺族様の想い出の品やご貴重品なども

出てくる可能性はあります。

当然ながら孤独死をされてしまったお宅も全く同じです。

それを密封しお渡しする。又廃棄物も外に漏れないように密封して

運び出します。

同じ遺品整理でもその現場に合った遺品整理が有ります。

まとめ

現在、臭い問題は既に社会現象となっています。

いざご自身の身に降りかかった時、何から対処すればよいのか分からないのは

当然の事です。

ご安心ください、そこにはラスティックがいます。

すぐご連絡ください!!

早急に飛んで参ります。

 

 

 

 

 

 

 

赤磐市で心筋梗塞にてお亡くなりになった後の汚物処理!

赤磐市で

「おばあちゃんが心筋梗塞で亡くなったので処分して欲しいものがある」

と伺い、話を聞き汚物の場所を聞くと

絶命される時、心筋梗塞にて苦しみ脱糞され、消毒と処分をご依頼されました。

見積もりと同時に即特殊清掃をご依頼され、薬剤噴霧にて除菌をし、汚物を密封し運び出し処分へ!

ご遺族の方はこちらのお宅に住まれているため「緊急対応して欲しい!」とのことで

即、対応!約2時間程度で作業完了となりました。

おばあちゃん、苦しまれましたが良いところへ逝って欲しい!

とお祈り申し上げます。

作業時間 2時間
間取り 1部屋1角
作業人数 1名
搬出物量(㎥)

知っていますか?解体時の家財の処分方法 建設リサイクル法

岡山県でも現在災害もあり解体業者をあちらこちらで見かけます。

被災地では罹災証明があれば現段階では必要ありませんが、

その他の自治体では違法行為となる為お伝え致します。

実際にラスティックでも「解体」「解体前の家財処分」をしている為

岡山県において大変多い違法行為の事例を書きます。

このブログを見てくださっている方は

大まかに「一般廃棄物」、「産業廃棄物」をお分かりでしょうか?

解体作業をするにあたり、家財の処分、撤去をするには「家庭系一般廃棄物

が必要となります。

家財を全て運び出した後は「産業廃棄物」が必要となります。

これは法律です。

ただし以下の特例があります。

「・災害時の応急仮設建築物に係る工事である現場」

「・緊急復旧工事である場合」

「・有害物質等により建築物等が汚染されている場合」など

です。

これを怠っている、いわゆる「ミンチ解体http://kaitai.com/qa/1225/

をしているモラルの低い業者が多いです。

県民局、市役所の対応がまだ弱いところもあるのかもしれませんが、

それ程多いのも事実です。

遺品整理、生前整理などをしていても思いますが、思い出は各家庭に必ずあります。

しかし、お客様はその違法事実を知らない方も多くいらっしゃるのが事実です。

思い出の品を違法にミンチ解体されるのもいかがなものかと思います。

家財を処分、撤去する会社、解体業をしっかりと見極めてお客様も防御体制

に入られても良いかもしれません。

 

 

遺品整理のラスティック
TEL 0120-293-556メールでのお見積りこのページのトップへ
新型コロナウイルス(COVID-19)消毒・除染

ラスティックのサービス

ラスティックの作業について

ラスティックについて

遺品供養カルチャー協会
遺品供養士
日本特殊清掃隊
日本除菌脱臭サービス協会
日本除菌脱臭サービス協会
株式会社カイコーポレーション
オゾンショックトリートメント法
プロバイオティクス工法
文部科学省
環境省
農林水産省
警察庁
文化庁
法務省
国交省

ラスティックでは、オゾンショックトリートメント法®、プロバイオティクス工法®などを活用し様々な現場での消臭を行っています。どのような臭い問題もお気軽にご相談ください。